おなら(最近では、おならのニオイを吸収するパンツなども売られています)の量は人により違いがありますが、なんか今日は妙におならがたまった場合、感じたり、近頃おなら(我慢するとまれに頭痛などが起こることもあり、体によくないといわれています)が増えたような気がすると感じることもあるんです?成人が1日にたまるおなら(最近では、おならのニオイを吸収するパンツなども売られています)の量は、人による違いや食事内容・体調などにより違いがありますが、一般的には100メートルl〜2500mlと言われていて、とても大きな差があるのでしょう。100メートルlではコップ半分くらいですが、2500mlでは2Lのペットボトル(和製英語なので、海外では通じません)に入りきれないのですから。それほど差が出てしまうのはどうしてなのでしょう?それは、体内にガスがたまりやすい状況になるとおなら(ナンバープレートには、おならを連想させるへは使われていないそうです)が増えると言う事なんです。例えば、さつまいもといったように繊維質の多い食事を行えねガスがたまりやすくなるのですし、便秘(排便がない期間が長く、排便が困難なことをいいます)の人もガスがたまります。その他にも、ストレス(過?に受け続けると、心身の健康を損なってしまう恐れがあります)や体調不良(良くない行いをしている少年や少女を指すことが多いでしょう)で交感神経(興奮状態にあったり、激しい活動をしている時に活性化する自律神経系の一つです)の働きが鈍るとガスがたまりやすくなり、加齢もおなら(欧米では、おならをするより、げっぷをする方が失礼なんだとか)の量がふえる原因(改善できるものと改善できないものがあることでしょう)の一つみたいですね。野菜(最近ではマクロビがブームになっていますね。マドンナなども実践しているんだとか)を中心とした健康食は、大変体には良いのですが、おならの量はふえることです。また、大腸がん(そのほとんどが腺腫性ポリープから発生するため、定期的な検査で除去できるのだとか)などの病気により、おなら(我慢するとまれに頭痛などが起こることもあり、体によくないといわれています)の量がふえる場合もあるのですから、覚えておいてください。女性(ヒット商品やブームを生み出すには、ウケを狙う必要があるでしょう)は特に便秘(場合によっては、排便できても残便感があったり、口から便臭がすることもあるでしょう)がちの人が多い為に、ガスの量が増えるだけじゃなく、ニオイも臭くなってしまうので気を付けたいになりますよね。以前はおなら(我慢するとまれに頭痛などが起こることもあり、体によくないといわれています)が出るのは健康な証拠といわれていてていましたが、病気(なって初めて健康のありがたみを知るなんてよくいいます)の可能性もあるので、おなら(我慢するとまれに頭痛などが起こることもあり、体によくないといわれています)が増えれねちょっと原因(これがあって結果があるというのが自然の摂理といえるでしょう)を考えてみたいのですー